東野圭吾 

個人的な備忘録。

『流星の絆』 読後感もいいし、ストーリーも好き。

『秘密』 道中は中だるみ感も最後の展開、終わり方は大好き。

『ナミヤ雑貨店の奇跡』 心温まる奇跡の物語。絶妙に話がリンクする。

『眠りの森』 加賀シリーズは好きだ。その中でも登場人物が好き。

『麒麟の翼』 日本橋署編は地域感が出ているのもまた良い。

『新参者』 加賀らしさがたくさん出ている作品。

『使命と魂のリミット』 医療物。読後のスッキリ感。

『悪意』 裏の裏。

『天空の蜂』 ドキドキ感もありつつ、東野圭吾の先見の明に脱帽。

『宿命』こういう展開も面白い。

『赤い指』 テーマが重いな~と思ったが、後半は好きだし、いろいろ考える。

『さまよう刃』 話が重くて読むのに苦労したけど、いっぱい考えさせられた話。

『容疑者Xの献身』 最速で読んだかも。

『分身』 少しあっけない終わりにも思ったが、面白い。

『時生』 不思議系も中身濃い。

『鳥人計画』 近代スポーツにありそうと思ってしまう。

『どちらかが彼女を殺した』 読み終ってから犯人探し。

『私が彼を殺した』 こちらの方が犯人は分かりやすかったかな~

『方想い』 こういう方想いか・・・

『レイクサイド』 こういう展開は想像できず

『むかし僕が死んだ家』 説明できないストーリー

『ゲームの名は誘拐』  なかなか引き込まれて面白かった。

『卒業』 トリックを頭で理解するのは難しかったけども。

『嘘をもうひとつだけ』 短編集。一番気に入ったのは『狂った計算』かな

『手紙』 これが現実的というものかも。嫌いじゃない。

『真夏の方程式』 夏の思い出。

『聖女の救済』 根深いトリック。

『探偵ガリレオ』 ガリレオは間違いない

宮部みゆき 

個人的な備忘録

『蒲生邸事件』なかなかの感動。読後良。

『魔術はささやく』引き込まれる謎の展開。

『ブレイブ・ストーリー』流れになじむとどんどん面白く。

『返事はいらない』さくさく読める秀逸の短編集。

『理由』少し重く感じるが内容は良。

『名もなき毒』題名がピタリ。

重松清 

個人的な備忘録

重松清の世界、終わり方はハマります。


『流星ワゴン』 不思議な世界にのめり込む。

『きみのともだち』 大事なことがそこにある。短編リンクパターンは好き。

『その日のまえに』 読んでいろいろ考える。短編が最後にリンクするのがたまらない。

『きよしこ』 吃音の少年の話

『エイジ』 中学生の苦悩の世界。

『ビタミンF』 秀逸な短編集。

『星に願いを・さつき断景』 3軒の話が年ごとに。

『見張り塔からずっと』 少しコワイ。

誉田哲也 

個人的な備忘録

『武士道シックスティーン』
『武士道セブンティーン』
『武士道エイティーン』
武士道シリーズはかなりハマった。これは秀逸。

『幸せの条件』 こちらも好き。武士道シリーズと同じタッチの農業女子。

『増山超能力師事務所』  これも面白かった。事務所のメンバーが皆いい。

『ストロベリーナイト』姫川シリーズ。ちょっとグロイ。

その他 

個人的な備忘録

木宮条太郎『水族館ガール』『水族館ガール2』『水族館ガール3』
笑いあり、感動もあり。ドラマも続編やりませんか。

平田オリザ『幕が上がる』 演劇部。秀逸。オススメ度高し。

瀬尾まいこ『あと少し、もう少し』 駅伝をうまく小説に。秀逸。区間ごとにうまくリンク。

中田永一 『くちびるに歌を』 合唱コンクール。秀逸。映画とどちらも良。

宮木あや子 『校閲ガール』 新聞社でアルバイトしていたこともあり、校閲に着目面白い。

乃南アサ『しゃぼん玉』 人との繋がりを感じる。大切さ。

原田ひ香 『東京ロンダリング』 視点が面白い。

田中啓文 『こなもん屋うま子』 人情ある関西のおばちゃん

朝井リョウ 『桐島、部活やめるってよ』 視点が面白い。さわやか。

三田誠広 『いちご同盟』 心の揺れ動きを味わう。

海堂 尊 『ブラックペアン 1988』 医療物。流れる展開に引きつけられ。