引退・ジュヒョウ 

ジュヒョウの引退が決まりました。

早い時期に2勝してくれて、毎日杯、プリンシパルSにも出走してくれました。

その後は伸び悩んで、転厩、降級もありましたが、

結果が出せずに引退。

最後の方は馬格のなさが響いてましたかね。。


募集時から小柄で、牧場見学に行っても、

ペットのようにカワイイ馬でしたジュヒョウ。

それがデビューして2戦目で勝ち上がり、

一番ビックリしたのは小倉の2勝目の快勝ですかね~

ステゴの力を感じたレースでした。


新天地でも頑張ってくれることを応援したいと思います!


アスピリン1 アスピリン2 募集時

アスピリンブログ用2アスピリンブログ用3 アスピリンブログ用4 1歳秋

ジュヒョウ ブログ用1 ジュヒョウ ブログ用2 2歳春

ジュヒョウパドック5 ジュヒョウパドック4

ジュヒョウパドック3 ジュヒョウゼッケン 3歳夏の小倉戦


引退・アロヒラニ 

 
 

 


アロヒラニが脚元の負担を考慮して引退が決まりました。

京都ハイジャンプのゴール前も流していたんじゃなくて、

止めていたんですね。。

平地、そして障害。

長らく頑張ってくれました。

新潟ジャンプSはホント惜しかったなぁ。。


ファタモルガーナに続き、

長く頑張ってきたご褒美のように、

キャロットの会報でおがわじゅりさんのページで紹介してもらいました。

いい宝物になります。

ありがとうございます!

引退・レッドアマビリス 

 

 



福島で武豊さんで2勝目をあげてくれたアマビリス。

骨折や腱を痛めて引退。

どうしてもこの血統は体質面に弱さが出てしまいますね(^o^;)

そんな中でも2勝。


ポテンシャルはあったわけで、

血統的なポテンシャルもあるように思っています。


また子供と競馬場で会いたいですねー

引退・ファタモルガーナ 

P4304375.jpg 引退レースとなった天皇賞(春)時

ファタモルガーナが骨折で引退となりました。

骨折の程度は軽そうですが、今から治してとなると、

ステイヤーズSに万全の状態で間に合わすことができない・・・というのが、

引退の決め手になってしまったのかもしれません。


『08世代』レッドデイヴィス、カルドブレッサ、レッドエレンシアなどと同期でした。

それを考えるとすご~~~~く長い付き合いだったのが分かります。

07世代から一口を再開したので、ほとんどの期間、ファタモルガーナがいてくれましたね~

募集ツアーでは大人しかった印象しかない。

翌年の募集ツアーで見学した時は猛獣にしか見えなかった(笑)

いろいろな思い出のレースがありますが、

やっぱりファタモルガーナといえば、数々のステイヤーズS。

勝たせてあげたかったですね。。

そしてファタモルガーナといえば、ゲート。

長い間、稽古にレースにと尽力してくれた川島騎手には感謝しております。

川島さんは私にとってはファタモルガーナの人(笑)

20170510000654887.jpg

最近、キャロットの会報でおがわじゅりさんのページでファタモルガーナを取り上げてくださいました。

とってもファタモルガーナらしさが伝わってくる記念品。

とっても宝物になりました。ありがとうございました~


ファタモルガーナ、お疲れ様。

天皇賞(春)ファタモルガーナ 

10着。やることはやった納得の結果。

最後の直線に向くときに逃げたヤマカツが下がってきて、

ブレーキをかけざるを得なかったのが少し痛かったですね~

あそこをフルスロットルで行けたら、もう少し上の着順だったかも。


とはいえ、たくさんの人が見守るパドックも堂々と周回していて、

とっても状態の良さは伝わってきました。

チームファタモルガーナもいい雰囲気でしたね^^

ゴールドケープの桜花賞に続き、荒川厩舎の皆様には感謝でございます~

レース後も脚元に不安が出ず、またファタモルガーナの勇姿が見れますように。


P4304026.jpg P4304080.jpg

P4304097.jpg P4304132.jpg

P4304156.jpg P4304194.jpg

P4304283.jpg P4304289.jpg

P4304302.jpg P4304325.jpg

P4304375.jpg P4304377.jpg