サファーガ・引退 

先週のスーパー未勝利を最後に引退が決まったサファーガ。

アドマイヤマカディ2 アドマイヤマカディ3 募集ツアー時

とにかく眠そうでした(笑)

ムッチリボディだったんですけどね。

アドマイヤマカディ11月末 1歳11月更新写真

こんなボディになっちゃいました(^_^;)

皮膚病の関係ですが、体質的にも弱い所あったのかもですね。。

久しぶりに見たけど、凄いインパクト(笑)

サファーガブログ用2 2歳7月牧場見学時

この頃は脚元に疲れを見せていた頃。。

ここから調整が遅れましたね。

おとなしくて、いいコ。

サファーガ5 昨年のキャロツアー時

もうちょっとかかりそうだなぁ~といったムードでしたね。

サファーガ1 京都未勝利戦時

この未勝利戦の時は坂路でも軽く好時計を出して、

何だか自信満々で応援に行きました。

パドックも外をしっかり歩いて好気配。

直線の失速に『何で~?』を連発したものです。

ノドでしたね。。


特に後半は苦しい競走生活になってしまいましたが、

サファーガの今後に幸あれです!

サファーガは11着でした。 

パドックは前回のトボトボした感じとは違って、

サファーガらしく、しっかり外を回ってしました。

スタート出て2.3番手。

3コーナーから厳しくなって、

直線は失速。

先行してくれたし、仕方ないのかな~と。

デビュー戦の末脚や坂路の時計から期待の膨らんだサファーガ。

残念ですが終戦。。

何だか母高齢にありがちな体質の弱さが出てしまいましたかね。。

いずれにせよ、お疲れさま^^

キャロ火曜日更新より 

キャロの外厩組はどれも順調で、

間もなく帰厩となりそう。楽しみ楽しみ^^

サファーガ2
サファーガ

調教の動きから、どうしても期待してしまいます。

そろそろ入れて考えてくださいよー

ダートも面白いとは思うけど、

試してる時期でもないし、芝復帰かな。頼むよー

カルド7
カルドブレッサ

1000万に降級です。

今年中にオープンまでを期待しちゃいます。

年内に2つ以上を!小倉も勝ってるけど、新潟かな。

ファタ1000万特別勝利時ファタモルガーナ

たぶん月末の新潟2200に合わせて帰ってくるんでしょうね^^

こちらも降級で1000万下から、

また直線、差せ~!と叫びたい♪

アロヒラニ初勝利ゴール前アロヒラニ

いよいよ入厩が近い模様。

兄が凄いキレ味で勝利したとこですし、

弟も続いて欲しいですねー

札幌の500万は手頃なのも、毎週ありますし、

アロヒラニの仕上がり次第でヨロ。

GⅠ馬の妹 

キャロットのHPがスマホ対応に。

もうPC版で見るのにも慣れていたので、

特にメリットを感じることはない気もしますが、

さすがキャロットという感じです。

抽選方法の変更もさすがキャロット的なんでしょうか(^_^;)



今年の春のGⅠはレッドセイリングの兄、カレンブラックヒルがNHKマイル制覇。

レッドオーヴァルの兄、ストロングリターンが安田記念制覇。

一気にGⅠ馬の妹が2頭出来ました^^

考えてみると、あと1頭GⅠ馬の妹がいました。

サファーガ3 サファーガ

安田記念馬、アドマイヤコジーンの妹です^^

前回は妙に自信があったので、大敗にヘコミましたが、今日の更新からそろそろ帰厩も近いかな??

坂路ではラスト1ハロンを12秒前半でサクっと上がってきますし、

勝つ力はあるはず。期待してるんやで~

6/19 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「苦しいところを乗り越えて、皮膚炎も治まりました。この中間はコンスタントに15-15を乗るようにしていますが、背腰など気になるところはありませんし、脚元も落ち着いています。このまま15-15を消化してさらに良化を促していきます」(NFしがらき担当者)

サファーガは12着でした。 

ちょっと思いがけない大敗になっちゃいました(^_^;)



調教の動きから未勝利クラスでは上位の実力と手ごたえのあったサファーガ。

サファーガ1

体はしっかり、力強く歩けていましたし、

キビキビ感もあったように思います。

いい競馬が出来るとパドックで確信^^

サファーガ2 サファーガ3

パドック周回は外の外、ギリギリを歩いていましたね^^

うるさい所はなくて、馬体は好きなタイプ♪

サファーガ4 サファーガ5

スタートもそれなりに決めて、先行。ニヤリでしたよ^^

4コーナーあたりから直線向いた時の勢いで、あれれ・・・

『何で~??』の連発でした(苦笑)

「すんなりと前に行くことはできたのですが、精神的なもので、他の馬に寄られるたびに怖がって逆へ逃げていました。終いグッと伸びることができなかったのは、まだトモが緩い分、苦しがってハミにモタれて走っていたからでしょう。素質はありそうですから、もう少し全体的にしっかりすれば走ってくるはずです」(川田騎手)「今日は京都競馬場に臨場していなかったため、直接ジョッキーから話を聞いていないのですが、競馬場に行ったスタッフによると、上がってきてからもあまり息遣いが良くなかったとのこと。このあたりは、久々ということも影響したのかもしれません。調教の動きなどを見ていても今日の走りはこの馬本来のものではないですし、まずはトレセンで馬の状態をしっかり確認して敗因を探りたいと思います」(橋田師)

ちょっとスタッフさんの話が引っ掛かりますね(^_^;)



でもキャリア2戦目のサファーガ。まだまだこれからです!!

今日はいい経験になったんじゃないでしょうか^^

私も競馬は甘くないぞ~と改めていい経験になりました(笑)

勝虎さん

レッドデセーオが名古屋転出時にお世話になっていた、

丸野勝虎騎手が遠征しておられました^^

もっといぶし銀のおじさんと思ってました(笑)