引退・レッドカチューシャ 

時間が経ってしまいましたが、

先日、レッドカチューシャの引退が発表されました。

カチューシャのまずいきなりインパクトのあった思い出は・・・キャロットパーティ。

矢作先生がいたので、デビュー前のカチューシャについて喜んで話しに行ったのです。

すると・・・『うーん、脚がこれでしょ?』と手で内向を示してイマイチ顔。

お仲間さんとリアクションに困った記憶があります(笑)

今となっては、そういう脚を承知して、気遣いながら、

大きなケガもなく競走生活を全う出来たのは厩舎の力と思っています。


レッドカチューシャ1 レッドカチューシャ3 2歳夏牧場見学時

この時はキャロパの後だったので、

どうしても脚を見て、案内の方とも話して、

まあ大丈夫なんじゃないかな?と。


カチューシャ新馬2着 デビュー戦2着時

しっかりするのを待って慎重になった面もあったでしょうが、

デビューは遅め。

でも勝利目前の惜しすぎる2着。

手応えは感じました。

カチューシャ未勝利優勝 初勝利時

初勝利は新潟。

しっかりと差しきってくれました。

カチューシャ新潟2着 500万2着時

新潟は相性が良くて500万で2着にも。

そこからが長かった。。

カチューシャ新発田城特別 2勝目

そしてビックリの2勝目も新潟。

小倉でレッドカチューシャ!!の実況にビックリしたものです(笑)

カチューシャ引退レース

23戦2勝。

同期で少し前に引退したレッドセイリングと比べると倍近く走ってくれました。

体はガッチリしていましたし、

いいお母さんになってくれると楽しみにしています。

レッドカチューシャは10着。 

パドック気配などはカチューシャらしい感じで悪くなく。

スタートから先行も狙い通りかなと。

ペースが上がった所でしんどくなり、

直線も踏ん張れず。

ペースが上がったところは手応えがというよりは、

コーナーリングが上手でなく、

スムーズに走れていないせいかと。

脚元の関係もあって、

やはり左回りの2ターンがベストなんでしょうが、

番組も限られます。

もう引退も近いですし、

最後はそういう条件で気持ちよく走らせてあげれるように、

狙いを定めてお願いしたいところです。

レッドカチューシャは8着。 

1000万の壁は厚そうなカチューシャ。

陣営は頭数も考慮してくれたんでしょう。

ということで頑張って8着に入りました。

このあたりは矢作厩舎らしくお見事かなと。

こういったレース選択にあと少し頼りつつになると思いますが、

あと少しの現役生活を頑張って欲しいですね~

レッドカチューシャは11着。 

今回は松岡さんもオーソドックスに乗った感じ。

スローだったので、

新潟のような競馬しても良かったかもですね。

とはいえ、クラスも上がって、相手が強化されているので、

ここは矢作厩舎の真骨頂のレース選択でスキを狙うことも必要そうですね。

よろしくお願いいたしますm(__)m

カチューシャは脚元もあって、

毎回心配ではあるので、

あと少し無事に走りきって欲しいですね~

レッドカチューシャは9着 

パドックの歩様がどんなものか心配していましたが、

特に気になることもない周回をしていたのでひと安心。

レースはスタートから他が行かないのでハナに。

途中で1頭が行って2番手。

その後、何だかズルズルと位置を下げて直線。

伸びきれず9着。

走りがイマイチで道中の位置が下がって行ったのかもしれませんが、

出来たら先行したまま、ハナを譲らずに競馬してみても良かったかもですね~

まあ無事に回ってきてくれてひと安心。

このあとはひと休みでしょうから、しっかり立て直して左回りの限定戦で見たいとこです^^