3歳世代一区切り(グリーン編) 

グリーンで重賞制覇はかなりの高い壁だと思っていたので、

ボールライトニングの京王杯2歳Sはホント嬉しかった。

グリーンの3歳世代はグリーン史上でなかなかの当たり年だったんじゃないでしょうか。


20160531233037489.jpg

4頭出資してすべて勝ち上がってくれましたし、

ボールライトニングは募集価格1500万。

レインボーフラッグは募集価格1200万。

コストパフォーマンスが優秀なのも、いいスパイス。

アースコレクションはデビュー前の期待からはまだまだですが、

それだけ期待したい馬。

トゥールエッフェルは単勝64.6倍と、

個人的な最低人気勝利記録を樹立してくれました(笑)

グリーンあれこれ 

昨日JRA-VANのPOG特集で、

レーヌジャルダン(クィーンスプマンテ14)の調教動画を見ましたが、

それはまだまだ基礎固めな印象。

ただ近況で5月になって体重がグンと増えたのはプラス。

ノーザンがディープは2歳の夏を越して変わるとコメントして、

ジックリやっている馬が多い印象で、

レーヌジャルダンもそれと同じ調整なのでよしとしましょう(笑)


ゴールドケープ(ジュエルオブナイルの14)がゲート試験合格してデビューに向けて進めそうで阪神開催かな?

マジックカーペット(園田)も30日にゲート試験の予定なので、7月あたりにはデビューできるかも。

この2頭で勢いがつくと2歳世代もひとまずホッとできますが、

さてさて。

グリーン馬名決定 

クィーンスプマンテの2014→レーヌジャルダン

アースサウンドの2014→アースオブフェイム

ジュエルオブナイルの2014→ゴールドケープ

レイナカスターニャの2014→アンデスクイーン

スズノメガミの2014→マジックカーペット


どれも覚えやすいし、響きもいい感じ。

ありがとうございます。

マジックカーペットは高校時代?に初めてやった羽根物のパチンコ台の名前と同じで、

結構やったので、めちゃくちゃ懐かしいですよ。

さっきYouTubeでパチンコ台のマジックカーペットの映像を見て・・・

動きと音楽が・・・

いやー、懐かしくてたまらない(笑)

ちなみに今は競馬オンリーで、

パチンコは十数年やってないなぁ。。

グリーン2歳愛馬写真 

 クイーンスプマンテの2014

父似か、母似か、コメントからは父を意識しているようですが。

 アースサウンドの2014

ダイワメジャー産駒的にはもっと上体にボリュームがあってもいいかな~

ジュエルオブナイルの2014

結構しっかりしているように見えますが、まだ体が減りやすいようなのでモリモリ食べて~

レイナカスターニャの

タートルボウルはマイラーのようなので、その分日本のスピードにも対応しやすいかな~

 スズノメガミの2014

もうちょっといい立ち方なかったか(笑)

園田なので、とにかくスムーズに順調に。

3歳世代一区切り(グリーン編) 

未勝利戦も終わり3歳世代が一区切り。

グリーン愛馬は5頭出資の2頭現役続行中。

その他の活躍馬、ブランドベルグ、マキシマムドパリなど。

とりわけマキシマムドパリは募集時に同時刻で見学した方の申込馬で見させていただきました。

見抜きたかったな~(笑)


サザナミ サザナミ

3勝。400キロ前後と小さいながらセンスよく、末脚よく。

馬体重や蹄の薄さといった課題はありますが、

短距離路線で楽しみです。


ジュヒョウパドック5 ジュヒョウ

2勝。こちらも400キロちょっとの小さい馬ですが、

前半ゆったり構えて、直線にというスタイルで2勝。

自分のスタイルがありますし、そうすれば現級でもチャンスくるはず。小さいけど結構タフ。


札幌2着2回目 ディープフォルツァ ディープフォルツァ

3→2→2→5→鼻出血→鼻出血

勝利目前も鼻出血が2度で引退となりました。

札幌リニューアルこけら落としレースで2着。あそこで記念の勝利をあげたかったですね。


ライジング2着時 アースライジング

米トレーニングセール馬。脚元の不安でデビューが遅れました。

デビュー戦は衝撃の大敗。2戦目は一変の2着。

しかし脚元がもたずに引退。調整に四苦八苦してしまったのが痛かったですね。。


ルーチェ未勝利7着 ルーチェスプマンテ

内面的な弱さで牧場時代は乗り込めずも2歳札幌デビュー。

レースは惨敗が多かったですが、引退前のレースは悪くなかったですね。

良化が遅かったのが悔やまれます。


400キロほどの小柄な馬2頭が勝ちあがって活躍中。

それが逆に愛着にもなっており、これからの活躍を期待したいところ。