2016キャロツアー記 

今年も木曜日の日帰りコース。

地元の友達と行ってきました。

函館の友達は台風の影響で特急が運休でキャンセル残念。まさかでしたね(^^;)

いろいろ伺ったお話しなどを中心に。


早来Fではラフォルジュルネ『私の中ではベストノヴェリスト』

ドルチェリモーネ『母系のレモンスフレの血をカナロアでうまく引き出せたのではないか』

グレイトフィーヴァー『兄姉の中で一番瞬発力があるんじゃないか』

ロフティーエイムがG1募集でなかったのは少し体調を崩していた時があったのでズラしたとのこと。

今はもう乗っているので問題ないですよとのこと。

ノーザンはまだ馴致のタイミングで乗ってるんですから、問題なさそうですね~追分早い。

ヘニーヒューズは成長力といったタイプでもないから、

ゴリゴリのパワータイプを狙った配合の方がいいんじゃないか?

などなどのお話を伺いました。


お昼はスタッフ席の隣に座って誰が来るかな~と思っていましたが、

NF空港事務局の方。何度も案内してもらったことのある方です。

オススメはアディクティドでした。この縁で、会場では一番乗りしてお話を伺ったり。

タートルボウルは距離はそこまで短距離に偏りすぎないかも?みたいなお話も。

サンデーのライラックスアンドレースの15についても聞きましたが、移動したとこで???でした(^^;)

グリーンのレイナカスターニャの14ことアンデスクイーンについても伺いましたが、

『こんなに大きくなるとは思わなかった。成長しましたね。値段的にも面白いんじゃないですか?』とのこと。


シンハリーズは測尺ほどは小さく見えないですね?と聞いたところ、

『やっぱり平均からしたら小さいですね。ただアダムスピークやブリッジにしても、

そんなに見映えがしていたタイプでもないですし、ここから成長力のある血統だと思います』

とのことでした。450キロ行けば・・・的なニュアンスでしたかね。

ピューリティーは引いていた方は上を見ていなかったようですが、

周りの話からだと姉やひとつ上の兄よりは気性は荒くないと言われてますとのこと(笑)

ヒルダズは今回のツアーではオーラを感じたナンバーワンでしょうか。


ウルトラブレンドはまとまりのある馬体が良かったですね。

友達が厩舎について牧場スタッフさんに聞くと、関東だと堀厩舎の次となると・・・的な評価だったみたいです。

ガヴィオラは引いているお姉さんが誕生日が一緒で運命を感じると言ってました(笑)

やっぱり上だとコメットシーカーに似ているとのこと。

ラドラーダはとにかくトモの大きさ、ケツの大きさは遠目からでも抜きんでていた印象。

リッチダンサーは大人しいと引いている人が言っても、みんな疑いの目で見ている感じが面白く(笑)

でも大人しかったですね~

トゥザはやっぱりトゥザで見映えが良かったですね~。


アディクティドは一番に行って、説明を聞きつつ見せてもらいましたが、

『この馬の良さは安定してブレずに歩いているところ』とのこと。

ちょっと後ろ脚の繋ぎが寝ているのが歩かせると目立ったような。

この点はイヤリングの方に質問しましたが、

『その他の部分に負担にもなりやすいが、それを補う筋力があれば大きなストライドに繋がる』

的なお話でした。

ついでに蹄の見方についても伺いましたが、

ノーザンさんはかなり装蹄師、装蹄技術に自信を持っているのが印象的でしたね。

これもノーザンの躍進の大きなポイントみたいでした。

ブルーメンは良かった。結構質問した気がするんですが、引っかかるところもなかった気が。

人気のシーザリオ、ココシュニック、イルーシヴなども取れるなら欲しいよね的な魅力。

ディアデラノビアを見忘れたのがミスですが、キャロツアーは探せば情報があるので助かります(笑)

小さいのかもですが、いい馬な気がします。


最終会場はクリソプはこの血統らしくスラッとした感じが印象的。

アドマイヤキラメキは写真、DVDよりも実馬、歩かせた姿が良かった。

アヴェンチュラは牝馬では一番オーラがあった気がします(笑)

ヴァンドノワールは最後に見たんですが、結構面白い気がしました。関西なら~


万歩計は1万も帰りの空港でチェックして行ってなかったので、

歩いてないな~のキャロツアーでした。

キャロットツアー 2015 

種牡馬見学がなくなり、会場数が増えて、見学が非常にしやすくなりました。

このあたりの改善をしてくるのがさすがはキャロット。

早来F→昼ご飯→牡馬2会場→牝馬2会場。

スマホについてる万歩計も7000歩。かなり楽になりました。

ただ、これはあまり動き回っていない証拠でもあります(・。・;


木曜日はバス8台で見学者も多く、写真は人が多く入っているので、

問題なさそうな馬だけ写真を載せておきます。

特に情報はないですが、この中の一番カッコイイと私が思った馬に、

もう最優先は出してあります(笑)

ツアーに参加された方、お疲れさまでした。

スタッフの皆さまありがとうございましたm(__)m


アビラ2 アビラの14

ヴァイスハイト1 ヴァイスハイト2 ヴァイスハイトの14

エルダンジュ1 エルダンジュの14
 
キュー1 キューの14

グリッターカーラ2 グリッターカーラ3 グリッターカーラの14

シーザリオ1 シーザリオ2 シーザリオの14

シェアザストーリー1 シェアザストーリーの14

シンハリーズ2 シンハリーズの14

スウィートドリーム1 Sweet Dreams Babyの14

スターペスミツコ1 スターペスミツコ2 スターペスミツコの14

データ1 データ2 データの14

トゥザ12 トゥザ7 トゥザヴィクトリーの14

トキオリアリティー1 トキオリアリティーの14

パーシステントリー1 パーシステントリーの14

ハンドレッドスコア4 ハンドレッドスコアの14

ヒシシルバーメイド1 ヒシシルバーメイドの14

ヒストリックスター2 ヒストリックスター3 ヒストリックスターの14

ピューリティー1 ピューリティー2 ピューリティーの14

フラニーフロイド1 フラニーフロイド2 フラニーフロイドの14

ブルーメン1 ブルーメン2 ブルーメンブラットの14

ペニーホイッスル2 ペニーホイッスルの14

ベネディーレ1 ベネディーレ2 ベネディーレの14

メガクライト1 メガクライト2 メガクライトの14

ラフィントレイル1 ラフィントレイルの14

ラドラーダ1 ラドラーダの14

リッチダンサー1 リッチダンサーの14

リリサイド3 リリサイド5 リリサイドの14

レーヴディマン1 レーヴディマン2 レーヴディマンの14

キャロツアー2014 

08、09、10、11、12、13産と6年目のキャロツアー。

金曜日は天気も回復してくれて、無事に見学することが出来ました。

個人的には今年の募集馬は牡馬が手薄なんじゃないかな~と思っていまして、

そこが何となくしんどい。

リッチダンサーは人気して当然ですが、

そのへんもあって人気が偏ってしまってるんじゃないかと。

ということで結構悩みながらツアーに突入しました。

年を追うごとに動き回らなくなって、見ている頭数は少ないです(@_@)



早来Fは社台ブルーグラスの方も来られていましたし、

そちらと話をしたり、早来Fの方と話したり。

シャルールやらキュリオスティーやらフェルメッツァやら・・・

去年はグレイトフィーヴァーのこと聞いたら、ヒカルアモーレすすめられましたよね~とか(笑)

東サラはルンバロッカがいいと。私が出資しているのはディソサードですけども。


本題の今年の募集馬では・・・

スキッフルとバイラオーラ推奨でした。

スキッフル スキッフルの13
バイラオーラ バイラオーラの13

スキッフルはボーンシストはさておき、

軽そうでドリームジャーニーのイメージでした。

スキッフル、ドリームジャーニーで5万円だとやっぱり一般じゃ厳しいのか(^_^;)

バイラオーラは勉強不足で牝馬と思って見に行ったら牡馬でした(@_@)

ファドーグに近いタイプのシンクリ産駒のシルエットかなと。

好印象で早来Fでの収穫かなと。



お昼の最初は牡馬の大砲候補がズラリ。

ヒルダズパッション ヒルダズパッションの13

シーザリオ シーザリオの13

リッチダンサー リッチダンサーの13

モンローブロンド モンローブロンドの13

ムービングアウト ムービングアウトの13

リッチダンサーは行くか行かないかを決めるだけで、

いい馬なのは分かっているので写真をパシャと撮って一瞬で終了(笑)

シーザリオが脚元はイメージしていたより、繋ぎの角度もありましたし、

イメージアップしました。



3番目の会場はその他の牡馬多数。

ジンジャーパンチ ジンジャーパンチの13

イグジビットワン イグジビットワンの13

ササファイヤー ササファイヤーの13

ディアデラノビア ディアデラノビアの13

ミスエアクラフト ミスエアクラフトの13

プルーフオブラブ プルーフオブラブの13

ムガメール ムガメールの13

シンプルザベスト シンプルザベストの13

レディドーヴィル レディドーヴィルの13

ラドラーダ ラドラーダの13

この中から何頭か行こうかなと。

人が多かったのは、やはりランクインしている馬でしょうか~



最後の牝馬ステージは有力どころが結構固まっていたので、

そのあたりをうろちょろして見やすくて良かったです。

レーヴディマン

レーヴディマンは顔がすごく可愛くて、目が純粋そうで良かった。

顔ならコレを指名。

レーヴディマン2 レーヴディマンの13

ブルーメンブラット ブルーメンブラットの13

シンハリーズ シンハリーズの13

ダンスザクラシックス ダンスザクラシックスの13

アドマイヤサンデー アドマイヤサンデーの13

クリソプレーズ クリソプレーズの13

どうやら写真を撮ってなかったようですが、

やはりヒストリックスターはちょっと他とは違う印象。

抜けてたんじゃないでしょうか~。

ディープ→ステゴがどうなのか、それだけですね~。


ツアーが終わってもなかなか決まらず、

今日1日考えてましたが、ようやく最優先、一般と固まってまいりました。

2013年キャロット募集馬見学ツアー 

9月5日(木)の2013年キャロット募集馬見学ツアーに参加してきました。

今年でツアーも5年目。最初の頃は全馬見ようと必死に回っていましたが、

今では日帰りツアーでも時間を持て余して雑談している時間もあるぐらいで、

事前にチェックしていた馬の確認や、現地で聞いた話からその馬をチェックしたりとか・・・

だいぶ手を抜くようになってきました(笑)


・基本的に大きい、馬格のある馬の方がよく見えてしまう。

・おっ!と思った馬も、DVDを見直すと気になった所があったりして・・・生は難しい。

・生はやっぱりフィーリング、雰囲気を感じて好みの馬を選ぶこと。

このあたりを意識して回っています。


今回はアイウエオ順に写真のあった馬を個人的な備忘録的に。。

アディクティド アディクティドの12

隣のリッチダンサーと比べると、動きなどからダート寄りでしょうか。


イグジビット イグジビットワンの12

気に入って、ゆっくり見ました。よく分からん血統も欲しくなる頃で(笑)

パーツパーツがしっかりしている点に好感。大きめですが、順調なら早めに仕上がるのでは?

厩舎もいいし、様子見していきたいです。


ヴィートマルシェ ヴィートマルシェの12

パッと見より、動いている姿が好感。

個人的にはディープなら断然これだと思います。

最優先抽選でしょうし、断念の方向ですが、最終中間の票数を見てからかな~


ヴェラブランカ ヴェラブランカの12

初仔からいい馬が出たなぁ~と好印象でした。

現時点でもランクインしていますが、関西だったら大抽選だったんじゃないでしょうか。

立ちも動かしても良かったです。こちらも一応最優先は視野に。


オリジナルスピン オリジナルスピンⅡの12

大人気ですし、横目で見ていた程度。

キャロットでリリーバレー育成の馬を大抽選でってのは少し違和感かな~


カスタリア カスタリアの12

結構好きでじっくりと。誰も来ないし、マンツーマンで見てました(笑)

なかなか安くても行くのは勇気いるサムソン牝馬ですが、いいと思います。


カメリア カメリアローズの12

動きは良さそうだな~と思いましたが、

一緒に回っていたお仲間2人は少し気性面を気にしていました。


カラベル カラベルラティーナの12

ダイワメジャーらしい牡馬。最近はこういうタイプにあまり行ってませんが、

いい馬だと思います。厩舎はファドーグで体感して判断したいかな~。


キュー キューの12

気性が大人しいキンカメ産駒ということで、大人しいキュー。

上と比較するとブレイクを大きくしたイメージと主任さん。

エネアド、フェルメッツァなどは絶賛されていましたが、今回はそんな感じではなかったです。

とはいえ、いい馬だと思います。

そして話はキュリオスティーに逸れていく・・・

デビュー戦から良さを必死で生み出そうとするトークが面白かった(笑)

キャロ社員さんの話では戸田先生はキュリオスティーのデビュー戦後、

2週間は会うたびに手を合わせて『ホントごめんなさい』と謝られていたそうです。

素直に次に期待したいな、応援したいなと思いましたねぇ。


クリソプ クリソプレーズの12

見栄えのするいい馬。

兄もあって、てっきり最優先で埋まるレベルと軽く見ていた程度ですが、

『ロブロイで5000万だから、それはない』と友達が言うので、

そうなの?それなら・・・と候補に浮上。兄なのか、ロブロイなのか、票が読みづらい。


クルソラ クルソラの12

品を感じるディープ牝馬といった感じ。綺麗な馬。

この人気では検討しても仕方がないので・・・写真を撮っただけ。


グレイトグレイス グレイトグレイスの12

ノーザンの獣医さん推奨でセレクションセールで買った馬とのこと。

中身の面での不安は少ない??


グレイトフィーヴァー グレイトフィーヴァーの12

ヒカルアモーレを引いていた方がグレイトフィーヴァーも普段担当しているとのことで、

比較しながらお話を。

引いていたお姉さんは個人的にはアーデント以来の好みのグレイトフィーヴァーとのこと。

ロブロイ牝馬は良く見せるイメージがあって難しいですが、いい馬じゃないでしょうか~


クロノロ クロノロジストの12

安定していいコが出ている牝系ですし、馬もよろしかったと思います。


ササファイヤー ササファイヤーの12

このお母さんもいいコを出しますよね~。


シーザリオ シーザリオの12

大活躍を期待しております。


シェルズレイ シェルズレイの12

クロフネが出てますね~。

見た目は昨年のステファノス、血統はこちらが好きかな~。


シャンスイ シャンスイの12

兄と似ているような、似ていないような・・・


ジンジャー ジンジャーパンチの12

人気は下降気味でしょうが、やはり母は魅力ですし、

厩舎とマンカフェで面白い存在でしょうか~


シンハリーズ シンハリーズの12

軽さのあるロブロイ産駒。

クリソプと比べるとやはり芝ならこちらでしょうね。


スルーレート スルーレートの12

洋吉先生の手からは離れてしまいましたが、

なかなかいい馬だと思いますね~


セレブレイトコール セレブレイトコールの12

完全にダートでしょうが面白いと主任さん。

ダートとはいえ、スピードがどれぐらいあるかでしょうか~。


チアズメッセージ チアズメッセージの12

動きはよろしかったかと~

キンカメでどれがいいかは好みの問題になってくるんでしょうね~


ディアデラ ディアデラノビアの12

シーザリオのスケール感は凄いですが、

いざ出資するとなるとディアデラの方が個人的には好みかも~


ティエッチマンボ ティエッチマンボの12

なかなかの見栄えがした印象。


データ データの12

アーカイブの弟だけに気になりますが・・・


トキオリアリティー トキオリアリティーの12

最優先でしか無理な馬だけにジックリとは見ていませんが、

いい馬だと思います~。個人的にはオリジナルスピンよりこっち。


ハートビートワルツ ハートビートワルツの12

見た目は良好。話していた空港牧場の方は顔つきの良さを誉めていました。


ハルーワ ハルーワソングの12

まとまりの良さは目立ちました。


ヒカルアモーレ ヒカルアモーレの12

主任さんにグレイトの話を聞いたら、『グレイトならヒカルがいいよ』

とのことで、急遽見に。すぐ気に入りました。ただ大きい馬だったので、そのせいかも(^_^;)

母父クロフネはしっかりした馬体でこれも引っ掛かりやすいか(笑)


フローリッド フローリッドコートの12

地方ならこれと思いますが、あとひと押し欲しかったのも正直なところ。


ペンカナ ペンカナプリンセスの12

判断が難しく感じる馬。いいような、ひと息のような・・・


ポトリ ポトリザリスの12

脚が長めのタイプ。それを生かせれば面白いんじゃないでしょうか~


マックスドゥ マックスドゥイットの12

パワーはありそう。あとはスピードがどれぐらいかでしょうか。


ミー ミーの12

かなり人気してますね~。厩舎もあるんでしょうが。

しっかりした馬体、歩様はこの血統らしさでしょうか。


ムーンライト ムーンライトダンスの12

この血統は人気ありますし、お腹ぽっちゃりで見栄えはまだまだですが、

絞れたらいい形のようにも見えます~


ラフィカ ラフィカの12

DVDを見た時は、久々に来た待望のラフィカはこれか~と少々がっかりしましたが、

実際見ると、かなりイメージは覆されました。ラフィカだけに悩みます。


ラフェクレール ラフェクレールの12

サファーガは売られちゃったので、姉の初仔を見て羨ましく思ったり(笑)


リッチダンサー リッチダンサーの12

大物感を感じたのかといえば、そうでもない。

でも動きはDVDから好み。実馬も同じ。

堅実ですが、爆発力はどこまでありますか~。

最優先候補筆頭も、ランクインしてきましたね~。


レーヴ レーヴダムールの12

実は会場に着いて、一目散に向かいました。

写真とDVDの雰囲気がすごく良くて。

実馬はまだ小さめだったこともあって、期待した迫力はなかったのですが、

バランスの良さは目立ちました。

気性はちょっと落ち着きがなかったですが、これぐらいならといった感じ。

2012年キャロット募集馬見学ツアー(NF早来編) 

最後の会場はNF早来。

この後の種牡馬展示の時は結構雨降りましたが、募集馬見学時はセーフ。

助かりましたね~♪

※見た感じや会話には個人の主観が入ってますし、正確性にも欠けますのであしからず。



ヒストリックスター ヒストリックスターの11

母父ファルブラヴも出ていて、ボリューム感のある感じ。

ベガの血を残していく大事なコですし、夢はまだまだ続く血統。

兄は小さかったですし、このコは違うタイプかもしれませんね~

キャロに来たのはサンデーから放出するには、

他と比べてしがらみが少なかったからじゃないかな~とのこと。



トールポピー トールポピーの11

シーズアン シーザリオの11

皆さんにご希望の馬を取っていただくためにも、

このあたりは避けていただいた方が・・・とバスでもおっしゃられていたので、

シーザリオも票が伸びそうなんでしょうね~見映えしましたね。

トールポピーはもちろん岡厩舎とのこと。



ヴィートマルシェ ヴィートマルシェ

このコも見映えしていいですよね~

音無厩舎も魅力ですね。



ディスカバリングビューティー ディスカバリングビューティー

どうしても全兄の成績とかが引っ掛かるんでしょうが、

その分、価格は抑えてありますし、

コンパクトで見映えするタイプではないかもですが、

ディープですからね^^



ツアーについては以上です。

ツアー中、お世話になった皆さま、ありがとうございましたm(__)m

ちなみに3頭申し込みで全頭取りをたくらんでます。