月別アーカイブ

 2010年06月 

残念・スペースニードル 

日本対パラグアイ、残念でした~

スペインとポルトガルの勝者との戦いが見れなかったのが残念。

ただ去年にも1度等々力に川崎Fの試合を見に行ったりと、

中村憲剛さんは一番好きな選手であります。

途中から出てきて、いいプレーもしてくれていたので、

それは嬉しかった^^



そしてスペースニードルは10着。除外が一頭いたので最下位でした(-_-;)

・馬体重はプラス2キロと馬体減もなく良好。

・最後に枠入れもやはり出遅れ。不良馬場だけに、やはり痛かった。

・後方を追走し、3コーナーからは最後尾。4コーナーではポツンと・・・

なかなか厳しい結果でした(-_-;)

これはヤバイと思ったら、やはり。。

中央登録抹消が決定しました。。

私は土日が仕事なので、競馬場にはなかなか足を運べませんが、

スペースニードルには去年ツアー時、ツアー前に牧場見学でと直接会いました。

その時から気性は気になりましたが、走る方にプラスには働きませんでした。残念。。

スペースニードル1

スペースニードル2

一口馬主的には、しっかりとスペースニードルから学んだことを次に生かしたいですね。

う~ん、残念。

武藤先生をはじめ関係者の方々、いろいろ工夫して苦労してくださりありがとうございました^^

お仲間の出資者の方々、残念な結果になってしまいましたが、ありがとうございました^^

29日の公営・金沢競馬ではスタートがひと息で後方を追走。向正面から追い上げていこうと鞍上の手が動くものの、手ごたえがなく10着。「前回の盛岡に続いて長距離輸送を挟んでも体を減らすことはありませんでしたし、パドックでも良く見せていました。相手関係を考えると、少なくとも掲示板には載ることができるだろうと思いながら送り出したのですが、スタートからまったく進んでいこうとする素振りを見せませんでした。前走まではいくらか見どころがあったものの、まったく走る気を見せていません。ジョッキーも『気の悪さを出していて、まったく走ろうとしてくれませんでした。何とかいい走りができるように向正面から押し上げようとしたのですが、申し訳ありません』と言っていました。ここまで走ることに対して気持ちが向かないとなると、大きな変わり身を期待するのは厳しいと言わざるを得ません。何とかしたいと思ってこれまで諦めずにきましたが、いい結果を出すことができなくて申し訳ありません」(武藤師)2月上旬に初入厩してから4ヶ月以上の期間、ずっと在厩で調整をしながらメンタル面の良化を促し、馬具なども工夫しながら調教を課してきましたが、残念ながら走りに進展は見られませんでした。何とか前進を図れないかと検討しましたが、メンバーに恵まれたと思われる地方交流戦で大きく負けてしまいましたし、これまでの成績から判断しますと、今後も苦戦は免れそうもありません。出資会員の皆様の維持費出資金等のご負担が増えてしまうことから、武藤善則調教師と協議を行った結果、今週中に中央競馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何とぞご了承賜りますようお願いいたします。なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。