社台F・レッドオルバースを見学 

オルバース3

オルバースは春はいい競馬をしてくれていましたし、

夏競馬で期待していたんですが、状態が上がらずに社台Fに放牧に。

山元TCから入厩してからの国枝厩舎のジャッジはシビアでしたね(・。・;

というわけで状態が気になりました。

オルバース2

見つかった蟻洞の方はケアしながらやっていけば大丈夫じゃないかとのこと。

そのあたりも動きの悪さに出ていたのかもですね。

一番暑い時期だったので、暑さも応えていたのかもしれません。

レッドオルバース1

運動は順調に行えていて、帰ってきた頃は乗っている人が抑えるのに苦労するぐらいで、

入厩していただけに、気持ちは競馬に向かっていたんじゃないかとのこと。

あとは状態が上がって、いい形で今度は入厩して欲しいですね。

今は少し辛抱してジックリ待ちたいですね。

しかし、やっぱり派手な流星です(笑)


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clublife.blog93.fc2.com/tb.php/3345-bb10387f