引退・レッドクラーケン 

ずっと喉鳴りに苦労してきたクラーケン。

手術もしたけど、治らなかったですねぇ(^^;)

でも陣営も、クラーケンも頑張って走り続けてくれました。


マルカフローリアン

社台ブルーグラスFで偶然見させていただいたクラーケンに一目ぼれ。

マルカ1 2歳春見学時

レッドクラーケン1 レッドクラーケン2 2歳夏見学時

見学した時は立派な体に期待しましたねぇ。

この頃は逃げなきゃダメな気難しさには気づかず(笑)


クラーケン新馬戦 新馬戦

クラーケン初勝利 初勝利時

初勝利は阪神1800mダで逃げ切り。

一目ぼれした馬だけに、嬉しさと勝ってくれてホッとした気持ちと最高の勝利でした。

レッドクラーケン福島500万下2着 福島2着時

500万下では惨敗することも多かったですが、福島で逃げて2着の時は惜しいハナ差で、

画面見ながら、ビックリ、のけぞっていたのは鮮明に記憶に残ってます。

クラーケン小倉3着 小倉3着時

小倉で3着の時も直線向いた時はやったと思ったなぁ。。

強襲にあってしまいましたが(^^;)

クラーケンパドック1 クラーケンパドック7 夏の小倉

夏の小倉で見たクラーケンは相変わらず逞しかった。

結果はタイムオーバーでしたけど、今では逆にその衝撃がいい思い出(笑)

クラーケン福島2着 福島2着時

秋の福島では逃げずに2番手から先頭に立って2着と新たなるクラーケンの姿も見れました。

好走した時はいつも熱い直線でビックリもしてたなぁ(笑)


出来ればあと1戦、小倉でして欲しかった気はしますが、

ここまで喉鳴りと付き合いながら頑張ってくれた厩舎に感謝。

喉鳴りで苦しい時もあったと思いますが、頑張って走り続けてくれたクラーケンにも大感謝。

お疲れさまでした!

今後に幸あれと思います。

コメント

男の子だったか?

私も運命なんだって受け入れる
ようにならなきゃ!
ラインのタイムラインで最近出てこないけどキャロ、社台、サンデー、の大先輩の友達には、最初ガルテンに出資決めたとき、
馬に気持ち入れ込みすぎるなよって辛くなるからと。。忠告してくれていてね。言葉きっついけれど中身優しい人でね。付き合い長いから私の性格知っているからこそ忠告されたんだけど。。。出来る限りはやったし、あとは馬の運と、運命だと受け入れなきゃだね。。。慣れるのも怖いけれど続けていくには必要なことだからね。。。
ちょっとレポートたんまり溜まっちゃっているので目を通さなきゃ(⌒-⌒; )

うめりんさんへ

クラーケンは8月に小倉に応援に行った時はタイムーオーバーの大惨敗で、
さすがに西園先生も厳しい顔をされていて、
やばいな~、引退かもな~と少し覚悟したことがあって、
それでも西園先生は出走停止期間が明けたら、すぐ入厩させてくれて、
福島では2着にも来てと、
ちゃんとクラーケンと付き合ってくださったので、
ずっと喉鳴りと付き合ってきましたし、レース中に何かあっても大変ですから、
引退も仕方ないかなと思ってます。
オーヴァルと同世代ですし、よく頑張ったと思います~

人それぞれ、自分に合った形を見つけるのが大切なんでしょうね~
私は出来る限り現役を続けて欲しいし、一生懸命応援したいです~
でもいつかは引退の時が来る覚悟もしておかないといけない訳で・・・
そこは受け入れるしかないのが一口馬主の辛いとこですよね(^^;)
だからこそキングダムのように引退後も会える馬には会いに行ったり、
自分の出来る範囲で楽しく付き合って行こうと思ってますよ~
というわけで、来週は鹿児島に行く予定(笑)
そして再来週は北海道。その次はしがらきにも行ければ行こうと3月はあちこち行きます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clublife.blog93.fc2.com/tb.php/3611-0ef5b1d6