マージーサイドは6着。 

マージーショック再び( ̄▽ ̄;)

パドックは緩さは感じられますが、

いつもの気配。

スタートで出遅れて行けず。

外から被せられると走る気も見せるマージーサイドですが、

今回は逆に一番外を回る展開。

騎手もお手上げの走る気のなさで6着敗退。

ちょっと時間をかけて改善した方がよさそう。


今回で開き直って、

調教から乗ってくださってる西村さんに、

調教とレースとセットで教育をお願いした方がいいんじゃないですかね~

クラブのコメントだから直接聞いている訳ではないですが、

あまり騎手さんのコメントが好きじゃないんですよね~

注文ばっかりで、もう4回乗ったのに結果を出せていないのは自分は・・・

厩舎はもちろんかもですが、

騎手のウエートも大きいと思います。

今日は残念でしたが、

前を向くしかない(笑)


本日の満足度20点(マージーショック)


マージーサイド
----------
3/11現在、船橋競馬場在厩。
3月11日(金)船橋3R・春蘭賞・3歳(四)組以下選抜・距離1500m戦へ56kg本田騎手で出走しました。馬体重はマイナス1kgの501kg、引き続き張り艶良く、今日は落ち着きがあり、絶好の気配でした。単勝は1.1倍の断然の1番人気。レースではスタートで出遅れてしまい、中団からの競馬になりました。2コーナー手前で真島騎手のステッキが入り、向正面から懸命に追われました。中々差をつめられず3コーナーから強引に押し上げていき、5番手で4コーナーを回りましたが、直線では脚色が一杯になってしまい2.0秒差の1分40秒8の6着に敗退しています。
真島騎手からは「ブリンカーを着けて見えないためか、ゲートの中にいる時から後ろを気にしすぎていました。このため、スタートで遅れてしまい、レースでも後ろの馬を気にして前へ進んでくれませんでした。今日はブリンカーが逆噴射になってしまったので、次は取ってください。ゲートの中で尻尾も持ったほうがいいです。あと、腰が緩い馬なので中間追い切りをしっかりやって、最終追い切りは軽めにしてください。」と、佐藤調教師からは「最終追い切りの動きが抜群に良かったので、今日は負ける気がしませんでした。本当に申し訳ありませんでした。調教ではブリンカーをを着けても後ろを気にしなかったのですが、競馬では違いました。今日は全く走っていないため、直ぐに息が入っています。」とのコメントがありました。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clublife.blog93.fc2.com/tb.php/3635-84307080